光老化(ひかりろうか)とは

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

sun

光老化っていう言葉を聞いた事ありますか?

太陽から出る紫外線を数分間浴びるだけで肌はダメージを受けます。

しかも紫外線を長年浴び続けることで、たるみや、シワ、シミを引き起こしてしまいます。

この現象を「光老化」と呼びます。紫外線は肌に悪い影響を及ぼす原因になるんですね。

顔と比較してみて、モモの内側やお尻などほとんど紫外線に当らない部分については、若い人の肌も歳をとった人の肌もそう変わらない状態です。

この違いを比較すると紫外線がどれだけ肌にダメージを与えているかが分かると思います。

あなたもお尻の肌はモチモチしてきれでしょう?

ところで、肌に悪影響を及ぼす紫外線には、UV-AとUV-Bがあり、その作用には違いがあります。

UV-Aとは

UV-Aはメラノサイトを活性化して黒くなる日焼け(サンタン)を起こすもので、UV-Bと比べてそれほど急激な作用はありません。

しかし、知らず知らずのうちに光老化を促進させている主因は、UV-Aなのです。

紫外線の中でUV-Aは波長が長いため雲や窓ガラスも通り抜け、晴れた日にしか心配がいらないUV-Bよりも20~30倍の量が私たちに注がれています。

そしてUV-Aは肌の真皮にまで到達し、肌のはりを保っているコラーゲンとエラスチンという2つの繊維を壊す酵素を増やしていきます。その結果、コラーゲン繊維は小さく切断され、エラスチンは変性されてしまいます。

このため皮膚は弾力を失ってたるみ、ひだが出来て、シワが発生してしまいます。

また皮膚の細胞を遺伝子レベルで傷つけるほか、皮膚の免疫力も低下させます。

UV-Bとは

UV-Bは肌の表皮にあるメラニン細胞を活性化させて多量のメラニンを生成させる作用があり、日焼け(サンバーン)をさせるものです。

エネルギーが強く、表皮細胞の遺伝子に傷をつけるのでシミや皮膚ガンの原因になります。

波長が短いため肌の真皮にまで直接は届きませんが真皮にある肌のハリを保っているコラーゲン繊維を壊すコラゲナーゼという酵素の働きを高めて、間接的にシワの原因になります。

紫外線の本当の怖さは、浴びてすぐ起こるサンバーンではなくて、徐々に蓄積されてくる光老化なのです。

皮膚の老化は加齢よりも光老化のほうが要因は大きいことが近年わかってきており、1年中の紫外線対策は皮膚の老化に対して必須条件となります。

光老化を防ぐには

当たり前ですが、光老化しやすいのは、よく日に当たる人です。

つまり、戸外で働くことが多かったり、アウトドアスポーツを好んだりする人です。

チベットやアンデスなど標高の高い土地は低地より紫外線が強く、そういう場所の住人も光老化が早く進みます。

また、それほど日に当たらない生活でも、顔や首、手などは日焼けしやすいので、他の部分より「老けた」感じになりやすいと言えるでしょう。

UV-Aはメラノサイトを増やし、異物を感知するランゲルハンス細胞を減らします。

それもお肌の色がトーンダウンしたり、シミができやすくなったりする元になります。

おまけに、UV-Aは波長が長いので雲やガラスを通り抜けることもできます。

だから「今日は曇りだから大丈夫」なんて油断はもってのほかで、家や車の中、曇りや雨の日でも十分に気を付けてくださいね。

このように、無防備に紫外線に当たることはお肌への負担がとても大きくなります。

逆にいうと、それは、紫外線防止に気を配れば若々しいお肌を長く保てる可能性があるということを意味しています。

そこで、次は紫外線防止の強い味方、日焼け止めについて見てゆきましょう。

日焼けには「サンタン」と「サンバーン」の2種類があり、肌に与える影響はまったく異なります。

サンタンとは

サンタンは、皮膚が「褐色に色づいた状態」で痛みがほとんどない日焼けのことです。

この褐色の肌はメラニン色素によってつくられます。

メラニン色素は、紫外線が皮膚の奥深く浸透するのを防ぐ働きをします。

サンバーンとは

サンバーン(サン=太陽・バーン=やけど)は、皮膚がやけどをしたように、赤くヒリヒリ痛む日焼けのことをいいます。

急に強い紫外線を浴びたために、皮膚表面の組織が炎症を起こした状態です。やけどと同様、皮膚はやがてはがれ落ちて治っていきます。

しかし、真皮(皮膚の奥)に到達した紫外線は、真皮の弾性繊維(お肌にハリを持たせている繊維)を変質させ、ハリを失わせてしまいます。

それが、結果として、シミやたるみの原因となるばかりか、何回もサンバーンを繰り返すことで、皮膚ガンの原因にもなるのです。

日焼け止めとSPFとPA

spfpa

日本で最も紫外線量が多いのは日照時間の長い5月~7月ごろです。

1日の中では午前10時~午後2時が一番キケンな時間帯です。

ですからこの時期・時間帯に外へ出るときは十分な紫外線対策が必要になります。

一番効果的なのは、日傘や帽子、手袋、ストール、サングラスなどで物理的に日光をさえぎることで、その次に有効なのが日焼け止め(サンスクリーン)です。

日焼け止めには、紫外線の防御力によってランクがあります。

その目安が「SPF」と「PA」です。

SPFはサンバーンを起こすUV-Bを防ぐ力、そしてPAはサンタンを起こすUV-Aを防ぐ力を表したものです。

SPFとは

SPFとは、Sun Protection Factor(サン プロテクション ファクター)の略です。紫外線防御指数とも言います。

これは、紫外線を浴びた際に皮膚が赤くなるまでの時間を何倍に長く出来るかを表したものです。

SPF数値とは

SPFの数値単位は、時間で20~25分を1単位とします。

つまり、SPF1は日焼けするのを何も付けない状態より20~25分遅らせるという意味です。

ですからSPF10だと、20×10で200分になり、3時間~4時間は日焼け止め効果があるということです。

SPF数値に対する量

さらに重要なのは、この時間の目安は日焼け止め化粧品を1平方センチメートル当たり2mgずつ皮膚に塗ったときの値となります。

逆にいえば、それだけ塗らないとSPF数値の効果がないということになります。

とすると、1平方センチメートルに2mgってけっこうな量になります。

だいたいの日焼け止めクリームがぬると白くなるので、この量は塗ると確実に白っぽくなる量といえます。

それが気になって、薄めにぬるとそれだけ効果は半減してしまうということになるのです。

SPF値と日焼け止め効果

SPF数値が高いと、確かに日焼け止め効果も高いといえますが、実は肌への負担も少なからず大きくなります。

SPF効果として日焼け止めクリームに配合されている成分は大きく二種類あります。

  • 紫外線吸収剤  肌荒れの原因になる
  • 紫外線散乱剤  肌の乾燥を招く恐れがある

紫外線対策になるSPF配合の日焼け止めクリームですが、その反面どうしても肌への負担は避けられません。

ここで知っておきたいのは、数値が高いからといってやたらに日焼け止めを塗ればいいというものではないということです。

でも、20分で肌が赤くなる人だと 20分×30=600分なので10時間しかもたないです。

このように人によって効き目に違いがありますが、大抵の日本人は炎天下15~25分で肌が赤くなるので、それを目安に考えればよいでしょう。

PAとは

PAとは「Protection Grade of UVA」の略。その名の通り紫外線A波(UVA)を防ぐ効果の程度を表す指標です。

これまで「PA+」「PA++」「PA+++」の3段階でしたが、測定方法と表示方法の改定に伴い「PA++++」を加えた4段階に分けられるようになりました。

+(プラス)の数が多ければ多いほど紫外線A波(UVA)を防ぐ効果が高くなっていきます。

紫外線A波(UVA)はシミやしわの発生に大きく関わっているといわれています。

波長が長い分、肌の奥深くまで到達し、様々な影響を及ぼします。

雲や窓ガラスを通り抜けやすいという性質を持っているので、曇りの日も日当たりの良い家の中でもしっかり紫外線A波(UVA)を防ぐことが必要なのです。

SPFは世界共通のようになっていますが、PA表示が行き渡っているのは今のところ日本だけです。

SPFやPAの値が高いほど紫外線はよく防げますが、しかしその分肌への負担も増えます。

ですから生活シーンに応じて製品を使い分けることが必要です。

特に赤ちゃんや幼児は皮膚が薄くてデリケートです。

日焼け止めのような「化粧品」に頼るより、帽子や長袖の服を活用する方が安心でしょう。

結局のところ、お肌のためには紫外線を浴びないのが一番と言えるでしょう。